子育てにまつわる悩みを解決!幼児教育についても多数サポートします!

「こどもちゃれんじ」は何歳から始めるのが効果的?

 

「こどもちゃれんじ」はいつから始めたら良いの?

ベネッセコーポレーションの「こどもちゃれんじ」は、0歳児の赤ちゃんが居るご家庭でも購読できる月刊誌です。

 

その魅力は、年代ごとに大切なことをきちんと捉えた内容や付録のすばらしさです。

 

赤ちゃんとの生活が始まったママにとっては、毎日が「?」の連続です。

 

イライラすることも悲しくなる日もありますよね。

 

ですが、「こどもちゃれんじ」をさりげなく広げてみると、そこに「そっか!!そうだったのね!」という予期せぬヒントが見つかる場合もあるのです。

 

まだ赤ちゃんだから、早すぎるのでは?
と迷われる方もいますが、0歳児から始めることができる「こどもちゃれんじベビー」は、赤ちゃんの月齢にぴったりのオモチャや絵本が付いていることも魅力の一つです。

 

ママさんたちが抱える、「こどもちゃれんじ」はいつから始めたら効果的なの?何歳から始めていつまで続けるの?
という疑問にお答えしていこうと思います。

 

「こどもちゃれんじ」は0歳児から始められる楽しい月刊誌!

 

育児の中で「どうしよう?」、「どうすればよいの?」という悩みを持つことは、
育児体験者の人も、初めての人も同じです。

 

赤ちゃんと二人だけの時間をどんなふうに過ごせばよいのか?
という育児のヒントが「こどもちゃれんじ」にはちりばめられています。

 

そして付録のおもちゃや知育玩具最大の狙いは、お子様の「できた!」という自信を生み出すきっかけになるのです。

 

意外なところに、お子様の意欲を高める工夫が仕組まれているのです。

 

何歳から何歳までということよりも、赤ちゃんの月齢に合う内容が、可愛く楽しく、読み手に適切に構成されている部分こそが「こどもちゃれんじ」の良さなのです。

 

 

0歳児から楽しめる「こどもちゃれんじbaby」

 

赤ちゃんを迎えて始まった生活の中でママとパパが知りたい!
と思うことは毎日溢れているはずです。

 

健康面、子育てについての疑問を多角的にアドバイスしてくれる特集面を眺めているだけで共感出来て、悩みも解決!という場合も多いものです。

 

そして赤ちゃんの遊びや興味についての知識をパパ・ママが先に得て、少しでも楽しくそして微笑ましい育児を応援してくれるのが「こどもちゃれじbeby」の特徴です。

 

1歳児「こどもちゃれんじぷち」

 

「こどもちゃれんじ」の愛らしいキャラクターしまじろうと一緒に考える力を優しくはぐくむことを目標としています。

 

「こどもちゃれんじぷち」の付録についている「しまじろうパペット」を使ってお子さんの気持ちを導き出してママやパパの思いを優しく伝えることがとても効果的なのです。

 

生活習慣や言葉の発達、そして手指を動かう遊びで、自分で考える体験を重ねることで、初めての知育プログラムを自然にご家庭で実践できるのです。

 

2・3歳児「こどもちゃれんじぽけっと」

 

2,3歳児というのは語彙力が一番育つ時期なのです。

 

この時期に、「こどもちゃれんじぽけっと」を通じて考える力を伸ばします。

 

もちろん!楽しみながら、お子様が自分でできることを少しずつ増やす経験を重ねることは素晴らしいことです。

 

お子さまの健やかな成長を応援します。

 

音声タッチペンのように音が出る教材は、必ずお子様の目を輝かせます。

 

しまじろうをお手本に、お友達と仲良く過ごす力を育む学習も盛り込まれているのです。

 

英語学習もDVD教材を通じて楽しく始める時期でもあるのです。

 

4歳児以降「こどもちゃれんじ」(ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)

 

幼稚園に入ったら「こどもちゃれんじ・ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ」という年齢に即した内容の内容になっています。

 

幼稚園生活を送りながら、こどもちゃれんじをお家で「読み・書き・図形」というテーマに優しく接しながら学習姿勢を自然に身に着けていくのです。

 

そして、幼稚園児がやがて迎える小学校入学を見据えて、入学準備を少しずつ始めることが狙いになっているのです。

 

 

まとめ

 

我が子が成長していくその年齢に応じて、旬の内容が展開される「こどもちゃれんじ」は0歳から6歳まで、十分に楽しみながら学習できる楽しい月刊誌です。

 

パパもママも、そして赤ちゃんから子供へ成長していくお子様の多感な時期を、包み込むように寄り添う月刊誌として、大好評を得ています。