女性がいくつになっても安定して働ける仕事BEST3!

女性がいくつになっても安定して働ける仕事BEST3!

 

どんな仕事が長く働ける?

できるだけ長く安定して働きたい!
誰でもそう思うのは当然のことです。

 

女性が30代、未経験から転職ができて安定して長く働ける仕事BEST3を、
多くの女性のサポートをした元派遣コーディネーターが紹介します。

 

1.資格と実務経験があれば最強!「経理事務」

 

「経理事務」とは、会社のお金の管理をするのが経理事務のお仕事です。

 

30代の未経験からは難しいのでは?
と思われがちですが私の担当したスタッフで以下のようなキャリアアップをした方は沢山います。

 

 

派遣(経理業務を含んだ営業事務)→日商簿記3級取得→正社員の経理事務

 

 

彼女たちが成功できたポイントは
最初からすべての希望を叶えようとしなかったこと。

 

絶対、正社員の経理事務でないとイヤ!

 

さすがに未経験で正社員の経理事務求人、30代となるとかなり間口が狭くなってしまいます。

 

そこに給与が○万円以上、土日休みなんて条件をつけてしまうとさらに厳しくなります。

 

日商簿記2級や3級の資格があっても厳しいと思ってください。

 

まずは少しでも実務経験を積むためには雇用形態にはこだわらず、
経理業務を含んだ一般事務や営業事務の求人まで幅を広げていくこと。

 

そして、実務経験を積みながら資格を取得。

 

もちろん、先に資格を取得していてもOKです。

 

実務経験を積む場合は、月次決算や年次決算を経験すること。

 

プラスのスキルとしてエクセルのスキルも磨きましょう。

 

経理の仕事はどんな企業でも必ず必要な業務です。

 

資格を取得し、実務経験を積んだら長く働ける仕事なのです。

 

 

2.全国どこでもある医療機関で働ける「医療事務」

無資格、未経験からでも応募できる求人があり、
医療機関は全国どこに行ってもあるということで年齢を問わず、女性に圧倒的人気の医療事務。

 

医療事務というと街中になる個人病院で受付をするというイメージを持つ方が多いでしょう。

 

でもそれだけではありません。
大学病院などの総合病院の医事課で会計窓口を担当するのも医療事務です。

 

医療事務を目指すには、レセプト(医療報酬)を始めとする医療事務についての専門知識を身につけることが大切です。

 

通信教育や学校への通学、職業訓練などで比較的、短期間でまなぶことができます。

 

知識を身につけ、関連資格(民間資格)をどれかひとつでも取得すると、
未経験からでも採用の可能性は充分にあります。

 

個人病院などの場合はできるだけ慣れた方に長くいて働いてもらいたいので、
人によっては60歳を過ぎてもパートで働く方もいます。

 

 

3.センスが活きる!「インテリアコーディネーター」

 

専門的な仕事を一生の仕事にしたい!
と考えるなら、おススメするのは「インテリアコーディネーター」です。

 

インテリアコーディネーターというと、家具の配置を決めるというイメージを持つ人が多いでしょう。
キッチン、バス、照明など内装すべてのコーディネートを行います。

 

リフォームやリノベーションが人気の今、インテリアコーディネーターの需要はとても高まっています。

 

新築の戸建はもちろん、リフォームでもかなりの高額。

 

そんな相談をするには、やはり人生経験ができるだけ豊富な方にしたい!

 

そう、活躍しているインテリアコーディネーターの中には40代でデビューした方も数多くいらっしゃいます!

 

ただし、土日のお休みは難しく、納期に合わせて仕事をする為、残業は覚悟しなければいけません。

 

でも一度、実務経験を積めば一生モノのキャリア。

 

インテリアコーディネーターを目指すなら、専門学校か職業訓練で学び、資格を取得し、実務経験を積みましょう。