働くママ必見!「育児、子育て」と仕事を両立させる3つの考え方

働くママ必見!「育児、子育て」と仕事を両立させる3つの考え方

 

育児、子育てと仕事を両立するための3つの思考法

せっかく築いてきたキャリアは大切にしたい。
でも仕事と「育児、子育て」の両立はとても大変!

 

初めての子育てになる初心者ママさんに
上手に両立できる3つの考え方をご紹介します。

 

1.保育園の選び方

ワーキングママにとって、保育園は強い味方となります。

 

0歳児入園に不安を感じるかもしれませんが

 

  • 都心など激戦区では1歳児から預けるのは難しい
  • 預けないとどちらにしても働けない
  • 早くから保育園の環境に慣れさせる

 

0歳児で預けるメリットをとりましょう。

 

ただし、保育園は慎重に選ばなければいけません。

 

  • 送迎に無理のないエリアで選ぶ
  • 認可外保育園も見学する
  • おむつの種類など育児方針に合う園を選ぶ

 

そして、保育園の送迎、急な呼び出しの対応など、入園後の分担をご主人と事前に話し合っておくことが大切です。

 

お互いの仕事の状況や職場環境を考えながら最善の育児、子育てができることを選択しましょう。

 

2.時間をお金で買う

「育児、子育て」と仕事の両立で最も大切なことは、できるかぎりストレスを軽減していくことです。

 

ストレスを軽減するためには、上手に時間のやりくりをすることが大切です。

 

家事の中で時間短縮をできるだけしてみましょう。

 

お料理の宅配サービスを利用したり、掃除に時間がかかるなら便利グッズやワンランク上の掃除機を購入したりする方法があります。
その他、仕事が遅くなる時はベビーシッターのサービスを利用するなど時間をお金で買うことも考えてみましょう。

 

もちろん、将来のことを考えて、少しでも貯金をしていきたいと考えていると思います。

 

でも、あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃと自分を追いつめてしまうことで、
イライラがたまってしまうママさんも少なくありません。

 

ママさんのイライラはお子さんにも分かります。

 

イライラをためないようにバランスを取りながら、省けるところは省いていきましょう。

 

3.仕事のやり方を工夫する

保育園、時間のやりくりだけではなく、仕事のやり方も工夫することで時間の短縮になります。

 

期限が決まっている業務から片づけていくようにしましょう。

 

翌日にまわせる仕事はできるだけ翌日にまわします。

 

時間がかかってしまう原因を考えてみましょう。

 

もし、スキルアップすることで解決できるなら、少しずつでもスキルアップしていきましょう。

 

そうして、自分自身を高めていくことが、今後のキャリアアップにもつながっていきます。

 

「時短勤務だから」
「子供がいるから」

 

ということを決して理由にしてはいけません。

 

子供がいない同僚から反感を買うだけでなく、社会人としての資質を問われます。

 

育児、子育てと仕事を両立していくなら、両立していることを言い訳にしてはいけません。

 

一生懸命がんばろうという気持ちがあれば、きっと周囲も協力してくれます。

 

育児、子育てもも仕事も一人ではできません。

 

周囲の協力が必要です。

 

つらい時はSOSを出しましょう。

 

一人でかかえこまないことが大切です。